アンケート協力のお願い

 日本公開天文台協会会員の皆さまに於いては、今回の地震に対し復旧や余震への対策等多忙な中恐縮ですが、情報共有の基礎データとするため、以下のアンケートへの協力をお願いします。

+++++++++++ 【公開天文台の被災状況調査のためのアンケート 】 +++++++++++
                                               記入日 [   月   日]
1)会員名 [      ]
2)所属  [      ]
3)被害  [ 有  無 ]
4)現状(公開情報)  [             ]
5)現状(非公開情報) [             ]
6)メッセージ [                 ]
++++++++++++++++++++(以上)+++++++++++++++++++++
このアンケートは、会員ML上で星を【見上げて生きる勇気をもらう アンケート】として回答をお願いしたものと同じです。状況の変化に応じて、何度でもご協力ください。

アンケート用紙のダウンロード  テキストファイル版  ワードファイル版  PDFファイル版


 アンケートは以下のいずれかの方法でご提出ください。

A)会員MLへの投稿(本文に記載:添付ファイルは送れません)

B)このアドレスへのメール送付(本文に記載いただくか、上記アンケートファイルに記入して添付)

C)アンケートを印刷、または、手書きの上、下記へ郵便・宅配業者のメール便等で送付(申し訳ありませんが送料はご負担ください)
      〒675-0058
      兵庫県加古川市東神吉町天下原715-5 加古川市立少年自然の家
        被災アンケート担当 福澄孝博 宛

※時勢に鑑み、電話回線に負担を掛けないため、電話・FAXでの回答受付は行いません。ご不便をお掛けしますが、ご理解・ご協力願います。

アンケートの目的: 世界でも類を見ないような大災害が発生しました。日本公開天文台協会では被災地ために何ができるか?を検討し、まずは「情報の共有」が必要との結論に達しました。被災された施設の情報をできるだけ網羅し、また同時に全国の施設の情報を収集することで、公開天文台協会のなすべき事を把握します。寄せられた情報が施設相互支援の基礎データとなり、また多くの仲間が応援していることが被災地の皆様の心の支えに少しでもなることを祈っています。

情報の使用範囲: 本アンケートで得られた情報は以下の取組みに対するデータとしてのみ使い、目的外使用は致しません。
1)日本公開天文台協会が作成し公開する「被災状況分布マップ」
2)公開天文施設の相互支援についての取り組み
3)「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 天文施設安否確認シート」[責任者 渡部義弥氏:大阪市立科学館]への基礎データとしての提供(但し、非公開情報部分は除く)
4)その他、外部からの問い合わせのうち、運営委員会が是と判断したもの

日本公開天文台協会 2011.3